×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る

藤原新也年表
1944年
北九州市門司に旅館の息子として生まれる
1969年
旅に出る ヨーロッパ・中近東・インド辺りをふらつく
1970年
『インド発見100日旅行』を『アサヒグラフ』に連載
インド・バングラディッシュに滞在し、『続・インド放浪』も連載

『アサヒグラフ』に寄稿した経緯は、
旅の資金がほしく、出発前に『アサヒグラフ』に金を貰いに行った
その時編集長は、藤原新也の旅に対する思いよりも、
そのチンピラぶりに感心し、お金とフィルムをあげたらしい
1973年
76年までインド・ラダック地方に滞在
『インド行脚』『天寿国遍行』を『アサヒグラフ』に連載
1976年
韓国・インド・モロッコ・ケニア・台湾・香港 滞在
『逍遥游記』を『アサヒグラフ』に連載
渋谷パルコにて写真展『七彩夢幻』をやる
1978年
奄美諸島・台湾・香港 滞在
『ゆめつづれ』の撮影のために、アメリカ滞在
ニコンサロンにて写真展『逍遥游記』をやる
1979年
写真展『ゆめつれづれ』開催
三島由紀夫・近代能楽集』の舞台美術を担当
母親の死を契機に四国遍順
『四国遍土』を『アサヒカメラ』に連載
1980年
『全東洋街道』の源となる全アジアの旅に出る
ついに、『全東洋街道』を『月刊 PLAYBOY』に連載
1981年
『FOCUS』に『東京漂流』を連載
しかし、第6回で突然の打ち切り…

ここで一句
ヒト食えば、鐘が鳴るなり法隆寺」……カントリー・オールド
1982年
ドイツ・ハンブルグ美術館にて写真展と講演
板橋美術館での『20世紀美術館』に参加
1983年
打ち切りの『東京漂流』単行本が大宅壮一賞・日本ノンフィクション大賞、
を受けるが辞退する
アメリカ・メキシコ滞在
1987年
韓国 滞在
『丸亀日記』を朝日新聞日曜版に連載
1988年
『ノア』のドローイング展を銀座みゆき座にて開催
7ヶ月かけアメリカを歩く
1989年
『藤原新也のアメリカ』を『DAYS JAPAN』に連載
『僕のいた場所』を『CREA』に連載
1990年
パルコギャラリーにて写真展『アメリカ』を開催
1991年
北九州市門司港滞在
1992年
沖縄離島
1993年
パルコギャラリーにて写真展『南島街道』を開催
沖縄・バリ島・伊勢
1994年
NHKテレビ『藤原新也の旅・風の笛』『月の雫』放映
1995年
『世紀末航海禄』を『週間プレイボーイ』に連載
バリ島
1999年
バリ島・キューバ
北九州市門司港にて写真展『未紀の花・千穂の旅』『極楽蝶の交尾』を開催
2000年
浜崎あゆみとのコラボレーションを、突然発表
2001年
アメリカ軍のアフガニスタン進行にともない、旅に出るつもりが
車にかれる……





キーワードアドバイスツールプラス